生年月日や電話番号などに設定することは避け、連想しにくい数字や自分しか知らない数字、語呂合わせなどで設定することをおすすめします

これはカードの盗難がひと段落ついた時にカード会社の方から教えてもらったことなのですが、幸いにも私はこうした数字を暗証番号にしていなかったので、被害に遭わずにすんだということが出来るかもしれません。カードが盗まれた時にまずしなければいけない事はカード会社への連絡です。電話での連絡が確実ですし速いですから、直接盗まれた、あるいは紛失した旨を伝えカード機能をすべて停止してもらいます。そして、今までカードで支払っていたものを再確認して、払込方法を変更する必要があるならその旨を支払う先の会社に連絡する必要があります。特に毎月必ず支払わなければならない光熱費や携帯電話やパソコンなど通信機器の料金に関しては、できるだけ優先させて確認することをおすすめします。すぐに新しいカードが届きますから、不便を感じることはあまりありませんが、やはり手元にない間どのように使用されるか分からない危険性がある異常、クレジットカードの扱いには細心の注意を払う必要があります。